トマトの育て方 デルモンテキッチンガーデン培養土を使用

トマト

半日以上陽が当たる位置が望ましいです。

トマトなどの実のなる野菜は根も樹も大きく育つので、大きめのプランターを選ぶことが大切です。
(トマト苗1本につき、土の容量15リットル以上が目安です)
※デルモンテキッチンガーデン培養土を使用する際は1袋につき苗1本としてください。

事前に苗ポットにたっぷりと水をやってから、 苗を植えつけます。その後、株の周り10センチほどに円をかくように水をかけてください。 (プランターの底から水がしみ出すまで、たっぷりと水を注ぎます)
※根腐れ防止のためにも、しばらくの間は水遣りを控えめにして、根をしっかりと伸ばします。

購入した培養土の場合、肥料が十分入っていない場合があるので、生育を見て追肥や液肥を早めに行ってください。
※デルモンテキッチンガーデン培養土をご使用になられる場合は、追肥は必要ありません。

夏場のベランダの床面は想像以上に温度が上がります。 袋やプランターをすこし持ち上げ、通気性をよくすることで、根が傷みにくくなります。

わき芽はこまめに摘み取ろう

6月16日植え付け

7月7日現在

はじめてのトマト

実がつかなかった。
失敗であった。

関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク