サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

rear recover mkrescue mkbackup config

linux

バックアップ

mkrescueはリカバリシステムのisoファイルを作る命令

mkrescueは/etc/rear/local.confファイルに基づいてレスキューシステムを作る

mkrescueは -C オプションで指定したlocal.confを読んでくれない

mkbackupで -C オプションで指定したところにバックアップファイルとレスキューシステムのISOファイルは作られるが

リカバリシステムのisoファイルは/etc/rear/local.confに基づいたシステムを作る

だから違っているとリカバリエラーになる

rearはnfsシステムでバックアップを行うのが正解

# vi /etc/rear/local.conf
OUTPUT=ISO

OUTPUT_URL=nfs://192.168.1.42/media/ckenko25/Backup/rear

BACKUP=NETFS

BACKUP_URL=nfs://192.168.1.42/media/ckenko25/Backup/rear

BACKUP_TYPE=incremental

FULLBACKUPDAY=( Sun )

この設定は最初にフルバックアップを行い、そのご増分バックアップを行う

日曜日にフルバックアップを行う

フルバックアップファイルはファイル名にFが付いている

増分バックアップはファイル名にIが付いている

もしシステムが動かなくなった場合は増分バックアップファイルの削除で対応できる?

コメント