サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

rear backup ubuntu 16.04

linux
スポンサーリンク

初期設定値

/usr/share/rear/conf/default.conf
ここに初期設定があります
このなかをみると/mediaはバックアップから除外されている
AUTOEXCLUDE_PATH=( /media )

増分バックアップまたは差分バックアップは、現在のところ、BACKUP_URL = nfs://でのみ動作することがわかっています

増分バックアップまたは差分バックアップでは、すべてのバックアップアーカイブに日付プレフィックスがあるため:

完全バックアップはYYYY-MM-DD-HHMM-F.tar.gzという形式です。ここで、「F」は完全バックアップを示します。

増分バックアップの形式はYYYY-MM-DD-HHMM-I.tar.gzです。ここで、「I」は増分バックアップを示します。

差分バックアップの形式はYYYY-MM-DD-HHMM-D.tar.gzです。最後の「D」は差分バックアップを表します。

BACKUP_TYPE = incrementalは、 “rear mkbackup”が少なくとも1つの完全バックアップを作成することを意味します

オプションで、後続の “リアmkbackup”実行で作成されるいくつかの増分バックアップ

各新しい増分バックアップは、最後の既存の増分バックアップに基づいています

“rear recover”を実行すると、最初に存在する最新のフルバックアップがリストアされます

最新の完全バックアップの後に行われたように、注文のすべての増分バックアップに加えて、

BACKUP_TYPE =差分は、 “rear mkbackup”が少なくとも1つの完全バックアップを作成することを意味します(cf. FULLBACKUPDAYを参照)

オプションで、後に続く “rear mkbackup”実行で作成される複数の差分バックアップ

各新しい差分バックアップは、最後の既存の完全バックアップに基づいています

“rear recover”を実行すると、最初に存在する最新のフルバックアップがリストアされます

最新のフルバックアップ後に作成された1つの最新の差分バックアップ。

増分バックアップと差分バックアップは、 ‘tar’オプション ‘–newer = YYYY-MM-DD’を使用して実装されます。

FULLBACKUPDAYが設定されている場合、フルバックアップはFULLBACKUPDAY配列の各平日に行われます

同じ日に作成されたフルバックアップがすでに存在するかどうかにかかわらず、いずれの場合も

たとえばFULLBACKUPDAY =(Sun Wed)は、毎週日曜日と水曜日に完全バックアップを作成します。

linux
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント