rear backup usbメモリにレスキュシステムとバックアップをusbメモリにまとめる

このusbひとつリストアが完了する

/usr/sbin/rear format /dev/sdX

vi /etc/rear/local.conf
OUTPUT=USB
BACKUP=NETFS
BACLUP_URL="usb:///dev/disk/by-label/REAR-000"

usbメモリに完全リストアを作る 
/usr/sbin/rear -v mkbackup
関連広告記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする