サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

python ubuntu 16.04 install

python
スポンサーリンク

Python


sudo add-apt-repository ppa:jonathonf/python-3.6
sudo apt update

sudo apt install python3.6

python -V
Python 2.7.12 が表示される

python3 -V
Python 3.5.2 が表示される

どちらが使えるのか?

Pythonのソフトウェアパッケージを管理するには、pipをインストールしましょう
sudo apt-get install -y python3-pip
インストールは
pip3 install パッケージネーム

開発環境を整える
sudo apt-get install build-essential libssl-dev libffi-dev python-dev

pythonは仮想環境で使わないとトラブルを引き起こす

バーチャル環境では、Pythonプロジェクト用にコンピュータ上に独立した領域を確保し、それぞれのプロジェクトが他のプロジェクトに影響を与えない独自の依存関係を持つことができます。

プログラミング環境を設定することで、Pythonプロジェクトやパッケージのバージョンの違いをより詳細に制御することができます。これは、サードパーティのパッケージを使用する場合に特に重要です。

あなたは、必要な数のPythonプログラミング環境を設定することができます。それぞれの環境は基本的に、コンピュータ内のディレクトリまたはフォルダであり、環境内で動作するためのスクリプトがいくつかあります。

仮想環境を作成できるように、標準のPython 3ライブラリの一部であるvenvモジュールを最初にインストールする必要があります。venvをインストールするには、次のように入力します。

sudo apt-get install -y python3-venv

これをインストールすることで、環境を作成する準備が整いました。Pythonプログラミング環境を置くディレクトリを選択するか、次のように新しいディレクトリを作成してみましょうmkdir

mkdir environments

cd environments

環境を使いたいディレクトリに入ったら、次のコマンドを実行して環境を作成できます。

python3 -m venv my_env

この環境を使用するには、activateスクリプトを呼び出す次のコマンドを入力して実行する必要があります。

source my_env/bin/activate

 

株価を取得してみる

pip3 install jsm

 

#-*- coding:utf-8 -*-
import jsm
import datetime

# 株価のデータ取得(銘柄コード, 開始日, 終了日)
def get_stock(code, start_date, end_date):
    # 期間設定
    year, month, day = start_date.split("-")
    start = datetime.date(int(year), int(month), int(day))
    year, month, day = end_date.split("-") 
    end = datetime.date(int(year), int(month), int(day))
    # 株価データ取得
    q = jsm.Quotes()
    target = q.get_historical_prices(code, jsm.DAILY, start_date = start, end_date = end)
    # 項目ごとにリストに格納して返す
    date = [data.date for data in target]
    open = [data.open for data in target]
    close = [data.close for data in target]
    high = [data.high for data in target]
    low = [data.low for data in target]

    return [date, open, close, high, low]

def main():
    # 株価の取得(銘柄コード, 開始日, 終了日)
    data = get_stock(7205, '2017-3-23', '2017-3-27')
    
    # 取得したデータの表示
    print("日付\t始値\t終値\t高値\t安値")
    for date, open, close, high, low in list(zip(*data)):
        print(date.strftime("%m/%d"), "\t", open, "\t", close, "\t", high, "\t", low)
    
if __name__ == "__main__":
    main()


python
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント