サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

libreoffice calc 家計簿作成 技術

libreoffice
スポンサーリンク

他のシートに設定した科目リストの表示方法

科目を設定した列をクリックA1:A1048576名を名前ボックスを費目に変更する

data入力セルでデータ→入力規則→入力値の種類をセルの範囲、ソースを費目

名前ボックスの名前の変更削除は名前ボックスをクリック→名前の管理..で行う

もうひとつのリスト表示方法

ソースを$(絶対値、コピーしても変わらない)を用いる方法

ソース:$シート名.$シート内のセル範囲

データ→入力規制で入力値の種類:セルの範囲 ソース:$費目.$A:$A

他のシートのセル参照方法

=シート名.A1

条件を満たすセルの合計を返します

SUMIF(範囲; 条件; 合計範囲)

小計を多用する場合

subtotal(9,範囲)  9はsum関数の意味

$の意味

「$」は絶対値、という意味です。

式をコピーしてもその値は変化しません。

変更できない時

ツール→シートの保護

ピボットテーブルとは

ピボットテーブルとは、日々の支出、収入の記録や、顧客データなど、個々の記録を項目別に集計したり、分析したりするための集計表を作る機能です。

日時に曜日を付ける

日付を選択→書式コードでD日(AAA)

書式のコピー方法

ドラッグで連続したセルにコピーすればいっぺんでOK

SUBTOTAL

SUBTOTAL(9,G1:G17)

9は合計値を求める場合、1は平均値、4は最大値、5は最小値

G1:G17は求める範囲

行を固定する

表示→セルの固定→最初の行を固定

費目別月合計に使う関数

SUMINS関数を使う

SUMIFS(合計する範囲を指定,条件を指定(必須),条件を指定(任意))

SUMIFS($明細.金額の範囲,$明細.費目の範囲,費目,$明細.月の範囲,月)

名前の削除

名前ボックス→名前の管理

libreoffice
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント