コンパイルしたasteriskにfaxを導入する方法

faxの導入は非常に難しい

なのでraspbxのinstall-faxを利用させていただく

rsync /usr/bin/install-fax ckenko25@192.168.1.20:/home/ckenko25

rsync /usr/bin/add-fax-extension ckenko25@192.168.1.20:/home/ckenko25

mv /home/ckenko25/install-fax /usr/bin

mv /home/ckenko25/add-fax-extension /usr/bin

install-fax

Extension number [150]: エンター(内線番号が150)

ファックス番号は先頭のゼロは省略する

Local identifier / fax name: FUJIMOTO TAKAHIKO

Forward received faxes to email address: ファックスデーターが届く自分のメールアドレスを指定

Country code [1]: 81

Area code [418]: 78 (市街局番のゼロを省略した数値)

Long distance prefix [1]: エンター(長距離電話の場合に先頭につける番号)

International prefix [011]: 海外に電話する場合 とりあえず010を指定

以下が表示される

Please add the following extension to FreePBX manually:
Extension type: IAX2
User Extension: 150
Display Name: FUJIMOTO TAKAHIKO
Secret: nyFGJskPJmwf2KSDHoOvuZhPACYTBjZR
Host: 127.0.0.1
Port: 4570
Requirecalltoken: No

ブラウザでfreepbxのipに接続する

アプリケーション→内線→内線の追加→新しいIAX2内線を追加

アプリケーション→内線→内線150のアクションをクリック

アプリケーション→内線→高度な設定

Host,Port,Requirecalltokenが上記の

Host: 127.0.0.1
Port: 4570
Requirecalltoken: No

になっているかなっていなかったら変更保存する

関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク