rsync system full backup

フルシステムバックアップ
このセクションでは、いくつかの選択されたフォルダを除いて、rsyncを使用して/ツリー全体のコピーを転送する方法について説明します。 このアプローチは、異なるサイズ、パーティションテーブル、ファイルシステムの使用が可能で、cp -aを使用したコピーよりも優れているため、ddを使用したディスクのクローン作成よりも優れていると考えられます。 アクセス制御リストと拡張属性。
rsyncはシステムの稼動中でも動作しますが、転送中に変更されたファイルは転送される場合と転送されない場合があります。転送されたファイルを使用するプログラムの動作が不定になる可能性があります。
この方法は、既存のインストールを新しいハードドライブまたはSSDに移行する場合に適しています。
rootとして次のコマンドを実行して、rsyncがすべてのシステムファイルにアクセスして所有権を保持できることを確認します。

# rsync -aAXv --exclude={"/dev/*","/proc/*","/sys/*","/tmp/*","/run/*","/mnt/*","/media/*","/lost+found"} / /path/to/backup/folder


-aAXオプションのセットを使用すると、ファイルはアーカイブ・モードで転送され、シンボリック・リンク、デバイス、パーミッション、所有権、変更時刻、ACLおよび拡張属性が確実に保持されます。

--excludeオプションは、指定されたパターンと一致するファイルを除外します。 / dev、/ proc、/ sys、/ tmp、および/ runの内容は、上記のコマンドでは除外されます。 / lost + foundはファイルシステム固有です。

/ mntや/ media以外の場所にシステムをバックアップする場合は、無限ループを避けるために除外パターンのリストに追加することを忘れないでください。
システムにバインド・マウントがある場合は、バインド・マウントされた内容が1回だけコピーされるように、バインド・マウントも除外する必要があります。
スワップファイルを使用する場合は、スワップファイルも含めて除外してください。
/ home /フォルダーをバックアップするかどうかを検討してください。 それがあなたのデータを含んでいるなら、それはシステムよりかなり大きいかもしれません。 そうでなければ、/home/*/.thumbnails/*、/home/*/.cache/mozilla/*、/home/*/.cache/chromium/*、/home/*/.local/のような重要でないサブディレクトリを除外することを検討してください。 システムにインストールされているソフトウェアによっては、/ share / Trash / *と表示されます。 GVFSがインストールされている場合は、rsyncエラーを防ぐために/home/*/.gvfsを除外する必要があります。
次のような追加のrsyncオプションを含めることができます。完全なリストについては、rsync(1)を参照してください。
多くのハードリンクを使用する場合は、-Hオプションを追加することを検討してください。このオプションは、メモリ費用のためにデフォルトでオフになっています。しかし、最新のマシンでは問題ありません。多くのハードリンクは/ usr /ディレクトリの下にあります。
これを同じバックアップフォルダに複数回実行している場合は、rsyncの--deleteオプションを追加することができます。この場合、ソースパスが/ *で終わっていないことを確認してください。そうしないと、このオプションはソースディレクトリのサブディレクトリ内のファイルには影響しませんが、ソースディレクトリ内に直接存在するファイルには影響しません。
仮想ディスク、Dockerイメージなどのスパースファイルを使用する場合は、-Sオプションを追加する必要があります。
--numeric-idsオプションはユーザ名とグループ名のマッピングを無効にします。代わりに、数値のグループIDとユーザーIDが転送されます。これは、SSHを介してバックアップする場合や、実際のシステムを使用して異なるシステムディスクをバックアップする場合に便利です。
-vの代わりに--info = progress2オプションを選択すると、転送されているファイルのリストではなく、全体の進行状況と転送速度が表示されます。

バックアップを復元する

rsync -qaHAXS SOURCE_DIR DESTINATION_DIR
 
-h、 - ハードリンクはハードリンクを保持する
-A、--aclsはACLを保存する(-pを暗示する)
-X、 -  xattrsは拡張属性を保持する
-S、--sparseスパースファイルを効率的に処理する


関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク