raspberry pi lamp wordpress

raspi-config
ローケールの設定
タイムゾーンの設定
sd cardの容量拡張
sshを許可

raspi-updateでファームウェアのアップデート
adduser ckenko25
passwd root
passwd pi

apt-get install apache2 -y

apacheの確認
http://pi-wordpress.local/

apt-get install php libapache2-mod-php -y

vi /var/www/html/index.php
<?php echo "hello world"; ?>
rm /var/www/html/index.html phpの確認 http://pi-wordpress.local/ vi /var/www/html/phpinfo.php
<?php phpinfo(); ?>

phpの確認
http://pi-wordpress.local/phpinho.php


apt-get install mysql-server php-mysql -y
service apache2 restart

wordpress

cd /var/www/html/
sudo rm *
sudo wget http://wordpress.org/latest.tar.gz
sudo tar xzf latest.tar.gz
sudo mv wordpress/* .
sudo rm -rf wordpress latest.tar.gz

インストールをカスタマイズするために編集したファイルは、wp-contentフォルダに属します。

これらのファイルの所有権をApacheユーザーに変更する必要があります。

chown -R www-data: .

WordPressサイトをセットアップするには、データベースが必要です。 mysqlターミナルでコマンドを実行し、ログイン認証情報(例:ユーザー名root、パスワードpassword)を入力します。
mysql -uroot -p
MariaDB> CREATE DATABASE wordpress;
MariaDB> GRANT ALL PRIVILEGES ON wordpress.* TO "wordpress"@"localhost" IDENTIFIED BY "パスワード";
MariaDB> FLUSH PRIVILEGES;
MariaDB> EXIT


http://pi-wordpress.local/

基本的なサイト情報を次のように入力します。

Database Name:      wordpress
User Name:          wordpress
Password:           <YOUR PASSWORD>
Database Host:      localhost
Table Prefix:       wp_

permalink設定を変更してURLをより使いやすくすることをお勧めします。

これを行うには、WordPressにログインし、ダッシュボードに移動します。

設定→パーマリンクの設定→カスタム構造を選択→変更を保存

Apacheのrewritemod を有効にする必要があります

a2enmod rewrite

また、要求を上書きできるようにサイトを提供する仮想ホストに指示する必要があります。

仮想ホストのApache構成ファイルを編集します。

vi /etc/apache2/sites-available/000-default.conf

<VirtualHost *:80>
    <Directory "/var/www/html">
        AllowOverride All
    </Directory>
    ...
service apache2 restart



関連広告記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする