ftp vsftpd ubuntu 16.04 防犯、監視カメラ

apt-get install vsftpd

一旦、anonymous のログインを有効にして確認

vi /etc/vsftpd/.conf

# Allow anonymous FTP? (Disabled by default).
anonymous_enable=YES
#

他のクライアントから確認

ftp 192.168.1.9

Nameと聞いてきたら anonymous を入力

パスワードはエンターのみ

終了はquit

防犯、監視カメラ用の設定

vi /etc/vsftpd.conf

# Uncomment this to enable any form of FTP write command.
write_enable=YES

chroot_local_user=YES

#下記は追記

allow_writeable_chroot=YES

カメラ用ユーザーを作る

adduser camera

再起動

systemctl restart vsftpd

カメラ側の設定

ポート番号は21

ユーザ名は camera

Path は /ftp/ipcamera/door874

1回目のテストは☓になる

これは/home/cameraに/ftp/ipcamera/door874フォルダがないのが原因

2回目のテストをすると○になる

カメラが/ftp/ipcamera/door874フォルダを作成してくれる

接続成功○、保存してくだい がでればOK

動体検知→動画の録画にチェックを入れる→FTP送信にチェックを入れる

これで/home/camera/ftp/ipcamera/door113フォルダ内に録画日日付フォルダが生成されて

その中にrec001、rec002などのフォルダが生成されてその中に動画が作られる

関連広告記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする