fsck

マウントされたファイルシステムでfsckを実行しないでください。fsckは、1つまたは複数のLinuxファイルシステムをチェックし、オプションで修復するために使用されます。マウントされたファイルシステムでfsckを実行すると、通常はディスク/データが破損する可能性があります。だからやめてください

fsckの使い方

チェックするHDDはUSBケースに収めてusb接続する

別のシステムに接続しておこなう

チェックするHDDをumountする

fdisk -l

umount /dev/sdc1

fsck /dev/sdc1

エラーが検出されたときのファイルシステムの自動修復

ファイルシステムのチェック中に、エラーが検出された場合は、-aフラグを指定してファイルシステムを自動修復するために “fsck”を得ることができます。例えば:

fsck -a  /dev/sdc1

ご覧のとおり、fsckは主にコマンドラインツールです。そのためにGUIが必要な場合、GPartedにはファイルシステムをチェックできる機能があります。

GPartedを開き、確認するファイルシステムを選択します。それを右クリックして「チェック」を選択します。

関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク