バージョンの異なるasteriskの再コンパイル方法

Asterisk

ただ単に./configure  make  make install をするとasteriskが立ち上がらない

# cd /usr/src

# cd asterisk-11.25.1

# make uninstall

# make dist-clean

# reboot

# cd /usr/src

# wget http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/asterisk/asterisk-14-current.tar.gz

# tar zxvf asterisk-14-current.tar.gz
# ./contrib/scripts/get_mp3_source.sh
# ./contrib/scripts/install_prereq install 
# ./configure
# make menuselect 
# ここでopusとsoundを選択する
# make
# make install
# make config
# ldconfig
# update-rc.d -f asterisk remove

make uninstall  : システムからアスタリスクバイナリ、サウンド、マニュアルページ、ヘッダー、モジュール、ファームウェアビルドを削除します

make uninstall-all  :uninstallタと同じですが、さらに  設定、スプールディレクトリ、ログを削除します

make config  :システムにinitスクリプト(起動スクリプト)をインストールします

make sample  :すべてのサンプル構成ファイル(.confファイル)をインストールし/etc/asterisk/ます。既存の設定ファイルを上書きします

関連広告記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする