サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

opus raspbx 運用できるようになったopus codec

asterisk

運用できるようになったopus

運用してきたraspbxにopusを導入

私のasteriskはバージョン は 11.25.1

freepbxは12

Asterisk11用Opusパッチを入手する

cd /usr/src
wget https://github.com/meetecho/asterisk-opus/archive/master.zip
unzip master.zip

このパッチはAsterisk 11.1.2用であるので

Asterisk 11.1.2のソースファイルを入手しopusのパッチを当てる

wget http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/asterisk/releases/asterisk-11.1.2.tar.gz
tar zxvf asterisk-11.1.2.tar.gz
cd asterisk-11.1.2
cp /usr/src/asterisk-opus-master/asterisk_opus+vp8.diff ./
patch -p1 -u < asterisk_opus+vp8.diff

導入作業

./bootstrap.sh
./configure –prefix=/usr
make menuselect
「Codec Translators」の項目でOpusが有効になっていることを確認する

asteriskのバックアップを確保

mv /usr/sbin/asterisk /usr/sbin/asterisk-org

既存のモジュールを削除

rm -r /usr/lib/asterisk/modules

コンパイルしてインストール

make
make install

reboot

freepbxでopusを使えるようにする

設定→Asterisk SIP setting

コーデックのところでopusにチェックを入れて先頭に移動する

設定→Asterisk SIP setting→Chan SIP

その他のSIP設定のところに

allow = oplus  を追記する

スマホはopusを使えるように設定する

参考サイト

光回線は発信できるがdongle回線が発信できないことに気づいた

dongleがインストールされていないのが原因

cd /usr/src
wget https://github.com/jstasiak/asterisk-chan-dongle/archive/asterisk11.zip
unzip asterisk11.zip
cd asterisk-chan-dongle-asterisk11
aclocal
autoconf
automake -a
./configure
make

make install
cp etc/dongle.conf /etc/asterisk/

reboot

コメント