サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

/etc/fstabの記述ミスによる起動停止

linux
スポンサーリンク

起動時のマウントエラー発生時は、rootパスワードを入力してシェルに入ることができますが、/(ルートディレクトリ)が書き込み禁止モードでマウントされているため、/etc/fstabの内容を修正することができません。

この場合、以下のコマンドにより / を読み書き可能モードでマウントし直します。

mount -o,rw,remount /
こうすれば/etc/fstabを編集可能になりますので、
故障したドライブの行をコメントアウトするなり、NFS設定を修正するなりして起動できる状態にすることができます。
linux
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント