サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

linux audio system 仕組み

mintlinux
スポンサーリンク

ALSAとは

Advanced Linux Sound Architectureの略、Linux標準のドライバ(OSS/Free)の問題を解決し、

PCM再生やMIDI再生機能をLinux上に提供するサービス。

Linux標準のドライバ(OSS/Free)より音が良いとされている。

PulseAudio

PulseAudio(以前はPolypAudioと呼ばれていた)は、クロスプラットフォームでネットワークに対応したサウンドサーバのプロジェクトであり、 Enlightened Sound Daemon(ESD) の置き換えを指向している。

PulseAudioはWindowsとPOSIX互換のシステム(Linuxなど)で動作する。 ライセンスについては、ライブラリの一部はLGPL、サーバそのものはGPLとなっている。

つまり、音を鳴らしたいアプリケーションと実際に音を出力するハードウェアの間に立って取りまとめをやってくれるサービスということになるだろうか。

Linux では、OSS とか ALSA とか ESD などの音声再生用ライブラリがあり、アプリケーションによって使用しているライブラリが違ったりしてややこしいらしい。
それを一まとめにしてくれる PulseAudio は素晴らしい、という解釈でいいのかな?

pavucontrolとは

PulseAudioの音量などを調整するものです

参考サイト

mintlinux
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント