raspberry pi3 desktop raspbian

システムのアップデート

# apt-get update
# apt-get upgrade
# apt-get dist-upgrade

kernelのアップデート

# rpi-update
# reboot

地域の設定

# raspi-config

time local keyboard wifi を設定する

エディターとftp

# apt-get install vim
# apt-get install vsftpd

vi /etc/vsftpd.conf で書き込めるように設定を変更

日本語フォント

# apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname
# apt-get install fonts-ipafont fonts-ipaexfont

日本語入力

# apt-get install ibus-mozc
# reboot

設定→iBUSの設定→入力メソッド
日本語Mozcだけにする
設定→iBUSの設定
プロパティパネルを表示する を 自動的に隠すにする

firefox

# apt-get install iceweasel
# apt-get install iceweasel-l10n-ja

firefoxがモバイル表示になる

firefoxのアドレス欄に about:config を入力
下の何もないところで右クリック
新規作成
文字列
設定名: general.useragent.override  これを入力
文字列: Mozilla/5.0 (X11; Linux ; rv:45.0) Gecko/20100101 Firefox/45.2.0 これを入力

ネットワークマネージャー

# apt-get install network-manager
# apt-get install network-manager-gnome
# apt-get remove dhcpcd5

vi /etc/network/interfaces

#wifiとeth0関連を削除する

# Include files from /etc/network/interfaces.d:
source-directory /etc/network/interfaces.d
auto lo
iface lo inet loopback

Librofficeの日本語化

# apt-get install libreoffice-help-ja
# reboot

印刷

自動的にプリンターが選べるようになっていた

mozcに郵便番号辞書を追加

https://docs.google.com/file/d/0BwbOyIdWMx8OMjZLd1Z6RWtjMGs/edit?pli=1
ここの zipcode_i_7.txt を辞書にインポートする
すると6512137で住所が出てくるようになる

自動アップグレード

# apt-get install cron-apt

manの日本語化

# apt-get install manpages-ja
関連広告記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする