サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

舛添は嘘ついて知事になった

政治
スポンサーリンク

舛添知事は2014年に「母と子は必ず、わかり合える 遠距離介護5年間の真実」を出版。「政治家としての原点は、5年間にわたり母親を遠距離介護したことだ」と、北九州市に住む母を遠距離介護した体験を著書で語っている。その遠距離介護について、取材を受けた親族は「1か月に1回来るか来ないか。それも母親の顔を見て帰る程度でした」と話し、見舞いに訪れてはいたが、「介護」ではなかったと証言した。

 

これを読んで愕然とした。

私は介護に苦労している、顔を見るだけで介護と言うな

 

このひとはダメである アウト

退場願います。

政治
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント