サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

dnsmasq の設定

linux

vi /etc/dnsmasq.conf

domain-needed ← ドメインの付加されていない名前解決は上位DNSに転送しない

bogus-priv ← プライベートIPの逆引きは上位DNSに転送しない

expand-hosts ← domain= で指定されたドメインをhostnameに補完する

domain=private.ckenko25.jp ← 補完するドメイン

local=/private.ckenko25.jp/ ← ローカルだけで使用するドメインを指定します。このドメインは/etc/hosts か DHCP でのみ解決します
vi /etc/resolv.conf
nameserver 127.0.0.1
nameserver 8.8.8.8
nameserver 8.8.4.4


vi /etc/hosts

192.168.1.1  router
192.168.1.2  ubuntu
....

windownに与えるDNSはこのDNSMASQをIPを与える。これだけをあたえる。
理由はhostnameだけの名前解決ができなくなるので

確認はnslookupコマンドで行う

nslookup google.co.jp dnsmasqのip

結果

nslookup google.co.jp 192.168.1.2
Server: 192.168.1.2
Address: 192.168.1.2#53

Non-authoritative answer:
Name: google.co.jp
Address: 216.58.196.227

キャッシュの確認

apt-get install dnsutils 
dig archlinuxjp.org | grep "Query time"
;; Query time: 18 msec
dig archlinuxjp.org | grep "Query time"
最初 18 msec が 2msec になっているのでキャッシュされている

コメント