サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

Raspberry pi(Raspbx)  FreePBXで Asteriskを使う

asterisk
スポンサーリンク

Asterisk

ダウンロード

# cd /usr/local/src
# wget http://www.raspberry-asterisk.org/download/raspbx-22-02-2015.zip

これをWin32DiskManegerでmicro sd cardに焼いた

いったんRasbianをインストールしてファームウェアをアップデートしないとRaspbxは起動しない

ユーザー名:root
パスワード:raspberry

# rpi-update
# raspbx-upgrade
# configure-timezone
# passwd root
# adduser ckenko25

モジュールのアップデート

ブラウザで取得IPに接続
ユーザー名:admin
パスワード:admin
アドミン→モジュールの管理→更新確認
全てのアップグレード→進む

日本語にする

# dpkg-reconfigure locales

ja_JP.EUC-JP EUC-JP

ja_JP.UTF-8 UTF-8

追加

デフォルトロケールの選択画面が出てきたら

en_GB.UTF-8 UTF-8 を選択

# apt-get install vim
# vi /etc/apache2/envvars
export LANG=C を export LANG=ja_JP.UTF-8 に変更

advanced seting→show langeage をtrue に変更 (右のミドリのチェックをクリック)

国のインジゲーショントーン をjapan に変更 (右のミドリのチェックをクリック)

呼び出し時間デフォルト:を60に変更 (右のミドリのチェックをクリック)

# /etc/init.d/apache2 restart

右端のjangeage をjapaneseを選択

これで日本語になる

固定IPに変更

# vi /etc/network/interfaces
auto lo
#auto eth0

iface lo inet loopback
#iface eth0 inet dhcp

auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.1.16
network 192.168.1.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.1

Raspbxの再起動

# /etc/init.d/freepbx restart

 内線を登録

アプリケーション→ 内線→ Gnerek Chain SIP Device

内線を登録すると extensions_additional.conf に登録される

日本語音声ファイル

# cd /var/lib/asterisk/sounds
# mkdir ja
# cd ja
# wget http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/sounds/asterisk-core-sounds-ja-ulaw-current.tar.gz
# tar xvf asterisk-core-sounds-ja-ulaw-current.tar.gz
# ln -s vm-goodbye.ulaw ./goodbye.ulaw

日本語応答メッセージに変更

設定→ Asterisk SIP setings→Chan SIP

言語 に ja を入力

内線201と202を登録して 202に電話して日本語の応答メッセージが聞こえたらOK

発信ルールにない番号にかけた場合英語の応答メッセージが聞こえる、これはjaフォルダに該当ファイルが存在しないのが原因、ファイルがないと英語が適用されるようだ

ひかり電話の設定

接続→ トランク

トランクとは公衆回線網のことらしい

トランク名:NTT_HIKARI  どんな名前でも良い

アウトバウンドCID:外線番号

発信設定

トランク名:NTT_HIKARI_OUT

ピア詳細:

type=friend

secret=光電話のパスワード

defaultuser=0004

fromuser=4

host=192.168.1.5

fromdomain=192.168.1.5

domain=192.168.1.5

insecure=port,invite

dtmfmode=inband

 レジスト文字列: 光電話の内線番号:光電話のパスワード:光電話のユーザー名@光電話のip/外線番号

実際例:  4:光電話のパスワード:0004@192.168.1.5/078925****

接続→ アウトバウンドルート

経路名:General-call

このルートを使用するダイヤルパターンは 0N. を入力
一致したルートのトランクシーケンス: NTT-HIKARI を選択する

着信設定

ユーザーコンテキスト:空白

ユーザー詳細: 空白

接続→インバウンド

ダイヤルイン番号: 空白

宛先をセット: 内線を選択 着信先内線を選択

複数端末に着信させる

接続→インバウンドルート

ダイヤルイン番号に外線番号を記入

宛先セットに着信グループを登録する

着信しない時のチェック

/etc/asterisk/sip_registrations.conf 内を調べる。

ひかり電話にログインして登録済みになっているか確認する

プッシュ通知で受けるようにする(グローバルIPの場合)

接続→Asterisk SIP Setings

NAT設定

Detect External IP をクリック

接続→Asterisk SIP Setings→Chan SIP

NAT: yes

IPの設定:パブリックIP

Freepbxの仕組み

Webで設定した設定値は/etc/asterisk/sip-additional.conf と /etc/asterisk/extensions-additional.confに反映される

仕組みを解明するために asterisk -rvvvvv で動作を確認する

日本語マニュアル

アドミン→モジュールの管理→更新確認

Localization Updates のインストール

右の言語を日本語に選択

fusionの収容

トランク名:Fusion

アウトバウンドCID:0505850****

ピア詳細:

type=friend
username=5850**** 050を除いた電話番号
fromuser=5850****    050を除いた電話番号
secret=パスワード
host=smart.0038.net
fromdomain=smart.0038.net
insecure=port,invite
canreinvite=no
dtmfmode=inband

ユーザー詳細: 空白

レジスト文字列:5850****:パスワード@smart.0038.net
インバウンドルート
ダイヤルイン番号:5850****   050を除いた番号

宛先をセット:着信先

セキュリティ

# vi /etc/apache2/conf-available/security.conf
ServerTokens Prod
ServerSignature off

外部から接続できないようにする

# vi /etc/apache2/sites-available/000-default.conf
Directory /var/www/html
Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
AllowOverride All
#Order allow,deny
Order deny,allow
# Allow from all
Deny from all
Allow from 192.168.1.0/24

内線のnat

NATはYesかAutoに設定しないと着発信で相手の声が聞こえない

ゲストのアクセスを遮断しておく

設定→Asterisk SIP setting→Chan SIP

SIPゲストを許可 を いいえに設定する

AMIのセキュリティ

# vi /etc/asterisk/manager.conf
#bindaddr = 0.0.0.0
bindaddr = 127.0.0.1

Asterisk マネージャーパスワード を変更する

asteriskが起動不能

# asterisk -r
asterisk
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント