サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

Raspberry Piにlinuxをインストール asteriskをソースよりインストール

asterisk
スポンサーリンク

Raspberry Pi

公式サイト ダウンロード

公式サイトからRasbianをダウンロードする

解凍後、windowsソフト Win32DiskImager(管理者として実行) で32GB SDカードに焼いた

取得したIPの確認

tail grep dhcp /var/log/syslog

Teraterm ssh でログイン ユーザー:pi  パスワード:raspberry

sudo su これでrootになる

初期設定

$sudo raspi-config

Expand Filesystemを選択する

Internationalisation Options > Change Locale > ja_JP.UTF-8で日本語環境に

Internationalisation Options > Change Timezone > Asia > Tokyoで日本時間に

sudo apt-get install vim

sudo vi /etc/ntp.conf

server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp

#server 0.debian.pool.ntp.org iburst
#server 1.debian.pool.ntp.org iburst
#server 2.debian.pool.ntp.org iburst
#server 3.debian.pool.ntp.org iburst

一旦、再起動

piのパスワード変更

$sudo passwd pi

ユーザーの追加

$sudo adduser ckenko25

root パスワードの設定

$sudo passwd root
$su
#rpi-update
#reboot
#apt-get update
#apt-get upgrade
#reboot
#apt-get dist-upgrade

エディタのインストール

#apt-get install vim

固定IPに変更

#vi /etc/network/interfaces
auto lo
iface lo inet loopback
#auto eth0
#allow-hotplug eth0
#iface eth0 inet manual
auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.1.9
network 192.168.1.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.1
auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
auto wlan1
allow-hotplug wlan1
iface wlan1 inet manual
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

セキュリティーの自動アップグレード

apt-get install unattended-upgrades

アップグレードを通知する

vi /etc/apt/apt.conf.d/50unattended-upgrades

Unattended-Upgrade::Mail “ckenko25@gmail.com”; これに変更

ソースをコンパイルする場合、不足するパッケージを入れてやる

#apt-get install ncurses-dev libxml2 libxml2-dev sqlite libsqlite3-dev libssl-dev uuid-dev libjansson-dev

追加パッケージ

#apt-get install openssh-server apache2 mysql-server mysql-client bison flex php5 php5-curl php5-cli php5-mysql php-pear php-db php5-gd curl sox
#apt-get install libmysqlclient-dev mpg123 libnewt-dev
#apt-get install automake libtool autoconf subversion unixodbc-dev uuid
#apt-get install libasound2-dev libogg-dev libvorbis-dev libcurl4-openssl-dev libical-dev libneon27-dev libsrtp0-dev
#apt-get install libspandsp-dev libmyodbc

MP3を使う場合
#apt-get install subversion

Asterisk 12以降でlibjanssonが必要となっています

#cd /usr/local/src
#wget http://www.digip.org/jansson/releases/jansson-2.7.tar.gz
#tar zxvf  jansson-2.7.tar.gz
# cd jansson-2.7
# ./configure
# make
# make install

asterisuk ソースダウンロード

#cd /usr/local/src
#wget http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/asterisk/asterisk-13.6.0.tar.gz
#tar zxvf asterisk-13.6.0.tar.gz
#cd asterisk-13.6.0
#./configure

この際、矢印キーを操作して“Core Sound Packages”を選択の上、”Enter/Return”キーを押して次の画面に進み、日本語音声”CORE-SOUNDS-JA-**”を必ず選んで下さい。 (**は、フォーマット(コーデック)名)

#make menuselect
#make
#make install
#make samples
#make config
#cd /etc/asterisk
#mkdir samples
#mv * samples
#mkdir conf-sample-1.6_01
#cd conf-sample-1.6_01

#wget http://ftp.voip-info.jp/asterisk/conf/conf-sample-1.6_01.tar.gz

#tar zxvf conf-sample-1.6_01.tar.gz
#rm conf-sample-1.6_01.tar.gz
#cp * /etc/asterisk
 /etc/init.d/asterisk restart

以上で内線の動作がうまくいけばOK

日本語メッセージがうまくいっているかの確認 追記して 9999番に発信、日本語が聞こえればOK

#vi /etc/asterisk/extensions.conf

exten => 9999,1,Set(CHANNEL(language)=ja)
exten => 9999,n,Playback(demo-echotest)
exten => 9999,n,Echo
exten => 9999,n,Playback(demo-echodone)

パッチなしでひかり電話に対応しているようだ

 voicemailが届くようにする

apt-get install exim4

 スマートホスト機能とは別のメールサーバ(プロバイダとか)を経由したメール送信機能、Outbound Port25 Blockingで、自前メールサーバの運用が難しくなったきたので、外部メール送信はスマートホストが便利

dpkg-reconfigure exim4-config を実行して以下を入力する

*メール設定の一般的なタイプ ->スマートホストでメール送信: SMTP または fetchmail で受信する

* システムメール名 ->localhost

* 入力側 SMTP 接続をリスンする IP アドレス ->127.0.0.1

* メールを受け取るその他の宛先 ->未入力

* メールをリレーするマシン ->未入力

* 送出スマートホストのIPアドレスまたはホスト名 smtp.gmail.com::587

★ gmail.com の後の「コロンが2つあること」に注意してください ★

* 送出するメールでローカルメール名を隠しますか ->いいえ

* DNS クエリの数を最小限に留めますか (ダイヤルオンデマンド) ->いいえ

* ローカルメールの配送方式 ->/var/mail内のmbox形式

* 設定を小さなファイルに分割しますか ->いいえ

/etc/exim4/passwd.client を編集、以下を入力する

gmail-smtp.l.google.com:ユーザ名@gmail.com:パスワード
*.google.com:ユーザ名@gmail.com:パスワード
smtp.gmail.com:ユーザ名@gmail.com:パスワード

mail -s title ckenko25@gmail.com < /var/www/html/index.php で送信テストする

rootに来たメールをckenko25@gmail.comに転送するために vi /etc/aliases に root: ckenko25@gmail.com を追記する

変更を反映するためにnewaliases を実行する

 

root 宛のメールは自分の Gmail アカウントに転送するようにしましょう。/etc/aliasesを編集
newaliases を実行して有効にする

root: ckenko25@gmail.com

メールのテスト方法
$ mail root

Subject: THIS IS TEST < - Subject を入力
Sorry, THIS IS TEST <- 本文を入力
. <- ピリオドを入力
Cc: <- 単に Enter
asterisk
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント