regza z3000の録画(玄箱HG)

sambaのインストールトラブル

  • 初期状態にしようとsmb.confを削除した
  • 再インストールが出来ない状態になった
  • 空のsmb.confを作成でOK

無線LANをZ3000に設置

  • 玄箱をZ3000に直接つないでやっていたが出来なかった
  • planexの拡張タイプを使い、とりあえずLAN環境を整えた
  • Z3000からインターネットに接続できることを確認した
  • 汎用LAN端子にKURO-BOXを接続する
  • 一端、Z3000がインターネットをできることを確認する必要が有るようだ(IPアドレスを自動で設定ている?)

sambaの設定

  • mkdir /home/share
  • chmod 777 /home/share
  • useradd smbuser
  • passwd smbuser
  • smbpasswd -a smbuser ユーザー【smbuser】のSambaパスワードを変更
  • /etc/init.d/samba restart 再起動
  • smbd -V sambaのバージョンを確認
  • http://Linuxマシン名:901/ swat
  • regzaのユーザー名はsmbuser とする

sambaのユーザー設定

  • あらかじめLinux上のユーザーを作成しておきます
  • ローカルユーザーをsambaユーザーに追加する。
  • pdbedit -a ローカルユーザー名でローカルユーザーをsambaユーザーに追加出来る
  • Linux システムのパスワードとSambaのパスワードを同期させる unix password sync = yes を追加
  • smbpasswd -a ユーザー名 これでもsambaユーザーを追加できる
  • pdbedit -Lでsambaユーザーの一覧が確認出来る

windows上からアクセスできるか確認

  • スタートボタン→プログラムとファイルの検索→\\192.168.1.x

特定ユーザーにSambaの共有ディレクトリへのアクセス権を与えるには

  • valid users = tanaka, suzuki, takahashi ←アクセス可能なユーザーIDを記述
  • force user = foo ←アクセスするときは全員fooとなる
  • force create mode = 0666ファイル作成時のファイルのパーミッション
  • force directory mode = 0777ディレクトリ作成時のディレクトリのパーミッション

新規ファイルのパーミッションを変更する

  • create mask = 0644
  • force create mode = 0644

新規ディレクトリのパーミッションを変更する

  • directory mask = 0755
  • force directory mode = 0755

玄箱のメンテ

  • ファンの音が気になりだしたら4cm角の厚み1cmの静音ファン3Pinをアマゾンで購入する
  • 交換は青線がセンサーである、赤がプラス 黒がマイナス
  • バックアップは Eeasus Disk Copyでコピーすれば起動もOK
  • ファン部分はコーキングで振動しないようにする
  • プラスチック部分が壊れたときはエポキシ樹脂2液接着剤で接着する

参考サイト

関連広告記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする