警察を信用してはいけない

雲行きが怪しくなってきた。札幌連続ボンベ爆発事件で、「誤認逮捕説」がささやかれ始めている。
 発端は、9日に札幌簡裁で開かれた主婦・名須川早苗容疑者(51)の勾留理由開示。そこで名須川が“アリバイ”を主張したのだ。

 最初の爆発は1月27日午前9時35分ごろ、札幌北署の駐車場で起きている。
「名須川はちょうどその頃、まさに北署で万引の取り調べ中だったというのです。事実、名須川はその日の午前9時半に出頭するように要請され、取り調べられていた」(捜査事情通)

 連続5件の事件が同一犯による犯行と主張してきた道警の形勢は、一気に不利になりつつある。さらに、名須川逮捕後の今月4日に北署の駐在所で、6日に管内の大型書店で爆発事件が発生。道警は「模倣犯の仕業」と説明しているが、それにも“疑惑の目”が向けられている。

「捜査幹部は最初の5件と後の2件の手口が微妙に違うことを、やたらアピールしている。道警のメンツがかかっているのは分かりますが、無理やり模倣犯に仕立て上げようとしているのでは、と勘繰りたくもなります。そもそも最初の5件だってボンベの数や、画びょう、釘を使うなど、手口は微妙に違っている。上層部にせっつかれ、状況証拠の積み重ねだけで逮捕を急ぎすぎた、『同一犯』に固執しすぎているともいえます」(地元マスコミ関係者)

 名須川のアリバイの件では、道警は次のようにみているらしい。
「“ボンベ爆弾”は加熱してから爆発まで数分のタイムラグがあります。名須川の出頭要請は9時半で、爆発はその約5分後。出頭の直前に爆弾を仕掛けたというのが、道警の“筋書き”のようです」(前出の捜査事情通)

 名須川は誤認逮捕で、「模倣犯」が真犯人なのか。名須川の逮捕容疑は先月の警察官舎爆発事件だが、1月の事件のアリバイが証明されれば、複数犯の可能性も浮上してくる。全容解明にはまだ時間がかかりそうだ。

関連広告記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする